読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

満恵のハッピーラボ 

「人生は生きる実験教室です!」 ハッピーに生きる智慧を 世界のメンターや大切な友からいただき、今ここに私がいます。私が学んだた魔法のヒントを大切な仲間に!をブログにしました。

すべてはシナリオどおりの人生

http://www.flickr.com/photos/40645538@N00/3038760752

photo by Pink Sherbet Photography

 

生まれる前に

 

大人になったわたしたちは

よく覚えていませんが

じつは生まれる前に

人生のシナリオを決めてからわたしたちは生まれてきます。

 

「今度の私の人生はこんな体験経験をしたいから、

この人をお母さんにして、この家に生まれます!」

と。

 

雲の上から下を眺めてお母さんを見つけて、

 

「この人優しそう!この女の人にする!」

決めて生まれてくる!

という話をご存じですか?

 

大人になるとすっかり忘れてますが

小さい子どもたちはしっかりと覚えている子たちがたくさんいる、とのこと。

 

 

 

自分自身で人生のシナリオを決めて

 

私たちは、生まれる前に自分自身で今回の人生のシナリオを決めてこの世に出てきています。


ということは

 

やったー!うまくいった!

とか 

最悪、どうしようー!

 

わーい!幸せ!

とか

ガーン!不幸!

と目の前の出来事に一喜一憂していますが、

 

じつは自分自身が書いたそのシナリオどおりに

ただ出来事が起きているだけ・・・

 

最初私も

?ほんと?

という感じでした。

 

過去を振り返ると 

 

たしかに

トラブルが起こると

その時はその起こった出来事や現象だけに

意識がいってしまっているので

 

「やばい!なんでこんなことが起こるんだろう~。凹んじゃう~」

などと悩んだりしてましたが

 

時間が経って

今まで起こった出来事や

過去を振り返ると

 

その時の失敗で新しいご縁に出逢ったり、

そのトラブルのおかげで学びがあったり

最悪!と思ったことで気づいたり

 

結果、「不幸」なことではなかった・・・

 

と感じる事ばかりです!

「今の心境に至るためには、どうしてもその出来事が、必要だった!」

あの経験のおかげで今があるからラッキー!」

「病気さえも私自身の才能だった!」

というようなことにたくさん気がつく私が今、ここにいます!

 

人生のストーリー

人生のシナリオは・・・

 

実は前半分と後ろ半分がワンセットになっていて、そのおかげで、すべて「幸せ」を感じるようにできている!

小林正観さんはおっしゃっています。


 前半の出来事がなければ、後半の『幸せ』を感じることがない。と!

『幸せ』を感じるために・・・

 

その前半分の現象として、つらく悲しく厳しいしんどいと一般的に言われているような不幸に思える出来事がシナリオ上必要。

 

人生はバランス

 

だから 

すべては バランス!

そして 

不幸とせは両方で

ワンセット


だとしたら

このことをなんとなく理解できたら

起きてくる出来事を、ひとつひとつ肯定したり否定したり騒いだり落ち込んだりせずに、

 

次はどうなるのかな・・・

いよいよおもしろくなってきた・・!

 

と楽しんだほうが人生ワクワクですよね。


だって
すべては生まれる前に書いた自分のシナリオ、

喜びのためのプログラムだから!

 

こう言っている人もいます。 

バシャール

「電車に乗り遅れたらわくわくしよう!」
と書いています。

 

チャーリー・チャップリン

「人生の出来事はショートスパンで見たら悲劇だが、ロングスパンで見たらただの喜劇!」

と言っています。

 

”あ~ あの出来事があったから 

おかげさまで 今こうなったのね~!!

有難いね!”

 

人間万事塞翁が馬ということわざも

あります!

人間万事塞翁が馬の解説

 

http://www.flickr.com/photos/49889874@N05/5778286140

photo by marc falardeau