読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

満恵のハッピーラボ 

「人生は生きる実験教室です!」 ハッピーに生きる智慧を 世界のメンターや大切な友からいただき、今ここに私がいます。私が学んだた魔法のヒントを大切な仲間に!をブログにしました。

息子のガールフレンドに伝えておきたい事!

「ただいまー!」

昨日の夜、仕事から帰ってくると

息子と息子のガールフレンドのゆうちゃんが
楽しそうにリビングでテレビを観ていました。

 

f:id:mpanda0528:20160719234405g:image

ゆうちゃんが
「おかえりなさーい。
ごくろうさま〜!」
と明るく元気な声でいってくれました。

「ありがとう、ただいま!」

嬉しい一言に 有難い気持ちと共に
私の中にひっかかることがありました。
そして
一日経った今も
もんもんとしています。

 

それは

ご苦労様!という言葉です。

私は言葉の先生として
接客講習で30年以上敬語の使い方を
新人さんに教えてきました。
だからこそ 気になってしまいます。

私が 気にしすぎでしょうか?

今の子だから気にしなくてもいいんだわ〜
とか
だいじょうぶ、いつか気がつくから〜
とか、
思うこともできます。

もしゆうちゃんが
近い将来、目上の方に失礼をして怒られるなら
教えておいてあげたい!
と思います。

 

これは実際にあった私の友人の話です。

 

私の友人が新人の時
営業部のサポートをしていました。
夕方、部署の営業の方々が帰社された時
彼女は 元気良く
「ごくろうさまです。おかえりなさい」
といって
冷たく冷えたお茶をお出ししたそうです。

その時のことです。
目上の営業の方が

「誰に向かって 偉そうに 
ご苦労といっているんだ〜!
10年早いわーー!」

といって 彼女に大きな声をだし
事もあろうか
お茶をかけたそうです。

友人はいったい 何が起こったのかもわからず
泣き出してしまったそうです。

彼女は 

「ご苦労様」
ということばが
目上の方にかけては失礼な言葉だ!
ということを
知らなかっただけです。

そして その営業の方のご機嫌がその日は
とても悪かった。

友人はそのことを二度と忘れることはない。
そして 二度と年上の人に 
「ご苦労さま」とは言わなくなった。
と話してくれたこと、今も覚えています。

 

言葉は変化しています。
言葉使いも
敬語の使い方も流行があり
今風があり
日々、変わっていきます。

 

あと何十年かしたら、

「おつかれさまも」
「ごくろうさまも」

使い分けされなくなってくるかもしれません。

 

ただ、今もまだ
気になる年代の人がいる限り

私は 
愛をこめて教えて言ってあげる人になりたいと思っています。

f:id:mpanda0528:20160719234051j:image

この図の表の顔は、
みんなに嫌われたくなくて
表向きはいつもいい顔をしている人。
でも裏の顔は、愛はなくて
その人がいなくなると、その人のアラをさがして悪口を言ったりする人です。

 f:id:mpanda0528:20160719234105j:image

こちらは
裏の顔は本当に愛があるひとです。
愛があるからこそ、
表の顔は
その人が気をつけた方がいいこと、気がついた方がいいこと!を
自分を信じて、目の前の人を信じて、
きちんと叱ったり注意できる人。

人はほんとうの愛がある人
自信のある人のことはきちんと感じるものです。

目の前の人を大切に思うなら
わたしは
わたしが知っていることを
愛をこめてきちんと伝えていきます。

こんどゆうちゃんが来たら
こころ込めて
愛をこめて
話してみましょ!