読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

満恵のハッピーラボ 

「人生は生きる実験教室です!」 ハッピーに生きる智慧を 世界のメンターや大切な友からいただき、今ここに私がいます。私が学んだた魔法のヒントを大切な仲間に!をブログにしました。

今ここを楽しむこと!これも訓練!

デトロイトでの、乗り継ぎが2時間弱しかないです。」
「大丈夫でしょうか?」

セントレア中部国際空港
自動チェックインの所で
彼は
まず係りのお姉さんに質問しました。

「通常、1時間半あれば大丈夫だと思いますよ」

一緒に旅をする
ひであきさんの心配は
この乗り継ぎのようです。

そして
荷物を預けるチェックインカウンターで係りの人に
デトロイトでの乗り継ぎの際、ますは入国審査をする前に荷物を受け取って、そのあと荷物をオーランド行きの便に預けるんですよねー。2時間弱で間に合うでしょうか?」
と、同じ質問をして、
「はい、通常は1時間半あれば乗り継ぎ可能とご案内しております。」
と言われていました。

そして
搭乗手続きをして
フードコートに行くと

「乗り継ぎ大丈夫だろうか?」

とのこと。

あっこれだ!
以前のわたし自身を観ているようでした。

今は、
フードコートで
ワイワイとしばらく食べられない日本食のうどんやタルタル唐揚げ丼を楽しむ時間なんです。

だから、
11時間40分後の乗り継ぎの心配をしても始まらないし、身体に悪い。

「もし、飛行機が遅れたりして、
ギリギリだったらどうする?」
と聞くので

「あのね、そのときは
まず、デトロイトの空港に着くなり、
私たち◯時◯分のフライトでギリギリなんですーと、近くの係りの人に私が叫ぶから大丈夫!」
デトロイトロサンジェルスみたいに大きくないから大丈夫だと思う」
とか、いろいろ言ってみましたが

それでも
「乗り継ぎうまくいくかなー?!」

と横でいってます。

「成田とかで乗り継ぎの時は、
飛行機が遅れた場合、
係りの人が
ボード掲げて呼びにきてたりするよねー」
と言うと
「機内のスチュワーデスさんに言っておけばいいかなー」
というから、

「スチュワーデスさんは機内の仕事で一生懸命だからねー」
というと、
「🙄うーん」
と心配そうです。

機内に乗り込み
機内アナウンスで
機長さんが
デトロイトまでのフライト11時間40分を予定しておりますが、早めに到着の予定です。」

とのこと!

ほらね!

心配しても始まらないこと
心配しないで
目の前のことを
楽しむだけ!

全てはうまくいきます!

これが
ほんとのマインドフルネスと
思います。

わたしは確実に
瞑想や
マインドフルネスを通して

ぶれないマインドになりつつあります!

11時間50分楽しみます。

f:id:mpanda0528:20161029102125j:image

そして、
なにかが起こったら起こったで

ベストを尽くします!
٩(^‿^)۶

人生は実験教室!
発表ラボ!

f:id:mpanda0528:20161029102157j:image