読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

満恵のハッピーラボ 

「人生は生きる実験教室です!」 ハッピーに生きる智慧を 世界のメンターや大切な友からいただき、今ここに私がいます。私が学んだた魔法のヒントを大切な仲間に!をブログにしました。

感激!国境を越えて家族の愛!

去年2015年11月ごろ

アルバイト先の店長Kさんに
「稲津さん、英語以外に中国語も話されますか?」
と聞かれました。

「話せませんよ。何かありましたか?」
と、たずねると

「台湾人の留学生が、アルバイトの面接にきました。初めての事なので、採用しようか、
迷っています。」
と、お返事がありました。

K店長には、
可愛くて店長そっくりの一歳の愛娘さんがいらっしゃいます。

そこで私は
「K店長、今や、国際化の時代です。
ここの近所のコンビニには、多くの外国人の子達がレジの仕事についています。」
「将来、K店長のお嬢様が、アメリカとか海外に留学生で行って、そこでアルバイトやろう!と決めた時に、雇ってもらえるか、どうかという話と同じだと思います。
せっかくのご縁と信じて、みんなでその子を、育てたらいかがしょうか?」
と、答えました。

そしてしばらくすると
私のアルバイト先に
台湾人のKくんがやってきました。

Kくんは21歳。
台湾で社会人をしていた時に
日本からいらっしゃるビジネスマンの人たちと
コミュニケーションがうまくとれず

「僕が日本語話せたら、もっと役に立つのに!
そうだ、僕が日本語を勉強しよう!」
と、思った彼は
台湾で日本語学校に通い
一年間後、
ついに日本に留学生としてやって来ました。
台湾のご両親は留学には反対だったそうです。

その後、
ドラッグストアーでも

最初のうち、
Kくんは
日本語が全部理解できないので

「この子、日本語通じないの?」
と、怪訝な顔をされる方もいらっしゃいました。が、

「そうなんです。台湾からの留学生なんです。申し訳ございません、
ご迷惑おかけしますが、育てていきたいと思っていますので、よろしくお願いいたします。」
と、説明すると

「あら、そうたんだー。うちの娘もね、
アメリカ留学生して、苦労したことがあるから、わかるわー。
そうだよね、育ててあげてねー」
と、笑顔で応援してくださるお客様もいらっしゃいます。
有難いですね。

さて、
私は、ゴールデンウイークに
台湾に行くことにしました!
飛行機をとったあと

「Kくん、もしかして台湾に帰らないの?」
「学校に聞いてみます」
「学校に聞いたら、
ゴールデンウイークは学校、お休みでした。
だから僕、台湾帰ります。」


ということで、
わたしは大切なゆかいな仲間と一緒に台湾にきています。
そして
Kくんが
台北の空港までおむかえにきてくださって、
たくさんたくさん助けてくださって
誠実に親切に
わたしたちのガイドをしてくださっています。
f:id:mpanda0528:20160504230204j:image
有難い有難い!

高雄に行って
去年知り合った方たちと再会しました。
行きたかった場所に行きました。
たくさんジャンプしました。

f:id:mpanda0528:20160505004516j:image

そしてついに
台湾三日目、
Kくんの親友たちに会いました。
一緒に小籠包食べました。

Kくんのご両親にお目にかかることができました!
ヾ(@⌒ー⌒@)ノ
ばんざーーーい!

Kくんのお母様は
可愛くて
笑顔がすてきで
思いやりがあって
とてもラブリーでした!

お父様も
穏やかで
笑顔が暖かい
素晴らしい方でした。

Kくんの弟さんにも会いました。

国境を越えて
Kくんのご家族の愛を感じました。

f:id:mpanda0528:20160504230025j:image
Kくんと、台湾のご家族です!


旅行は

どこに行くか!

も、素敵ですが
私はやっぱり
誰にいに行くか!
誰と一緒にいくか!

が一番大切!

そして何をするのか?
どこに行くのか?

がその次です。

一緒に行ってくださった
Nくん、
Mちゃん、
Kちゃん、

ずうっとガイドをしてくださったKくん、

私を待っててくださった
Sallyちゃん、Fiona ちゃん、
Mr.& Mrs.Leeさん、
朝一番気功の皆様、
そして何より
Kくんのご友人たち
f:id:mpanda0528:20160505005612j:image
ご家族のみなさま、

どうもありがとうございました!

Kくんママが

好朋友(hǎo péng you)
=本当の友人

と何度も私にもおっしゃってくださり
ほんとうに
うれしかったです!

有難うございました!
台湾、だいすき!
ヾ(@⌒ー⌒@)ノ